このサイトを見て頂いている方なら誰もが皆性行為で彼女やセフレを泡を吹くほど逝かせまくって、愛に満ちたSEXをしてあげたいと望んでいるかと思います。
しかしまずは、エッチをするにおける注意を払うべき事とやってはいけない行いを手引きすることにします。

生活感のある肉体をした素人のエロ画像

情事をするにおいて気をつけてほしいことは、性行為中にやってはいけないことは、手で膣内をかき回している時にガシガシとまんこの中を手マンすると膣壁にダメージを負わせセックスが中断するから、絶対にやめてください。
ゆっくりとしっかり指マンしてあげるのが女性の立場からしたら本当はたまらないそうです。

処女でも満足させてイカセルことが出来るSEXのテクニックを会得しても、相手によって相性が悪いということもあるので、相手の女性の反応をしっかりと観察しあの手この手とワザを変え女性一人一人に合わせてあなたの使用するセックステクを選択していく目も養わなくてはいけません。
もちろん最初から激しく腰を振ったりするとおまんこが異物の挿入に慣れていない状態ですので、激しいセックスをしたい方は注意してくださいね。

肛門性交をするというなら、チンポの長さやアナルの締り具合によってどうしてもペニスが入らないということもあるので、そのときは男らしく中止するのも彼女への「愛」で御座います。

また、潮吹きについても、潮を噴かせられない時は男らしく断念することも愛を確かめ合う行為において大事なことである。

本当に重要な事は、ゴム無し挿入をやりたい気持ちを男であればきっとあるでしょうが、ゴム無しで挿入すると女性の方は膣内射精されて受精してしまうという心配を抱えて本気で性行為に集中することができなくなりうるので、女を気持よくさせたいのであれば思いやりも込めて生ハメの欲求を抑えてコンドームをはめて性交するようにしましょうね。

男だけが射精してスッキリするための性欲解消することが目的の性交ではなく、相手をちゃんとオーガズムを感じさせてやり精神はもちろん身体の底から満たしてあげることのできるエッチこそが目標にべきセックスである。

性交するにあたって配慮すべき事項とNGなことを理解し、その上でセックススキルを知ることでたとえ短小包茎だとしても、間違いなくセックス相手を気持よくさせセックスで昇天させるテクニシャンへと成長できますので是非とも最後まであきらめないでください。