最高の情事をしてあげるために性的に快感を与えるだけではなく、潮を噴かせたりソフトSMをしてあげることで気持ちいい以外の感動や驚きを与えられたならもっといいですよね。
なので本日は潮を吹かせるコツと目隠ししたりするソフトSMのテクニックと正しい緊縛のテクニックに関する知識についてあなたへ伝授いたします。

潮を噴かせるテクニック


潮吹きとはきっと知っていると思いますが女性の尿道からプシャァーっと透明な液体を飛ばすこととなります。
勘違いしないで欲しいのは快感が増して潮吹きしたのではなく、あくまで尿道に溜まった尿に近い液体を噴出しただけなのでイクのと潮吹きは全然違うものでございまする。。

潮を吹かせるコツは女性の膣内の上の方に存在するGスポットという部分を狙って手マンで優しく愛撫してあげるのがよくある潮吹きテクニックであります。

しかしこの潮の吹かせ方では潮が吹きやすい体質の女性にしか有効でなく、絶対に潮吹きに成功するテクニックではないし意地でも潮を噴かせようとGスポットを激しく掻き回すと女性も痛いですし膣内も傷つくのでやりすぎてはいけません。

どれだけ高威力なセックステクニックを手にしても相手の女性によって相性が悪いといったテクニックもあるので、相手の女性の身体的反応や表情をちゃんと読み取り責め方を変化させその状況や女性によってあなたのテクニックを選択していく目も養わなくてはいけません。

潮を吹かせるコツをマスターすることでたとえ貴方が短小包茎であっても、絶対に女を乱れさせセックスで昇天させるテクニシャンになることが出来ますので頑張りましょう。

潮吹きに関しては以下の写真を見てみてください。
エロい水浸しになるほど潮を吹いている6

バイブを使った調教プレイのテクニックと正しい緊縛のしかた


大半の女性はマゾの本能や支配されたい欲求を持っているから、限界までその本性を暴いてやるのがソフトSMの目的でございまする。。
当然ながら緊縛のやり方については菱縄縛りがやりやすいですが、面倒な人は「簡単亀甲縛り」で緊縛しても失敗するよりマシです。

一番簡単なのが女性を目隠ししてしまうことで小さな被虐心と羞恥心を植え付け、さらに軽く手足を縛ったりして完全に自由が奪われ支配されていることを自覚させ、目隠しされ拘束されたままバイブを使ってクリトリスなどを責めてやりましょう。
しかも、電マなどで調教中に俗にいう「言葉責め」をしてみることで、女性は脳で感じ羞恥心と興奮が高まり性感を強くしてやることが可能になります。

あとそれからM性も開花してソフトSMにも慣れてきたら乳首を洗濯バサミでつまむプレイや鞭で叩くプレイ、アナルセックスとかで調教すれば更にディープな世界へと行くことが出来ます。
私のこれまでの性経験で得た知識であるが、、蝋燭プレイなどはSMの世界ではよく目にしますが低温蝋燭とはいえ女性の肌にはかなり熱く感じ、ラブホなどで試してシーツにかかると大変という理由もあり初心者はやらないほうがいいでしょう。

留意して頂きたいのが、最初からハードな調教プレイはドン引きされるから、アブノーマルの世界への入り口としてソフトSMから始めることを推薦します。

何が何でも知識として知って欲しい事だけどアブノーマルプレイであっても一番大切なのは愛であり、そんな思いはセックスに反映されることはもちろん結合部を介して相手へ伝わっていくので、貴男の気持ちひとつでセックスの最中も快感指数はびっくりするほど違ってきます。

素人娘を性処理奴隷にしてSMプレイに興じている画像

小さなアドバイスすると潮吹きでもソフトSMでも、あなたの脳内で実際に好きな女性とエッチしている場面を空想に描きながら勉強していくことで実戦でもイメージ通りに女性を気持ちよくさせることが可能だし、少ない時間でもセックスの仕方を会得するはずです。

様々なセックステクニックを会得して女を白目をむくほど絶頂に昇らせてやりましょう(*´∀`)