男なら誰もが皆セックスで抱いた女を一晩中逝かせまくって、時間を忘れるような肉体交渉をしてみたいと思っていませんか。
、、、、だけど、短小ちんぽであることについて悩んでいる、、、、、

そこで今日は短小ちんぽであることに悩むオトコの身を案じて、アソコの小さい男性でも出来る気持ちいいセックスのやり方と男性器を大きくする方法に関する知識について掘り下げて初心者のために説明させていただこうと思います。

学生の時に自分のペニスサイズを測ってみた人も多いだろうが、自分のペニスが短小であるかの判断基準はペニスが勃っているときに11~12センチである場合は短小の可能性があるが、正直なところ女の人からすれば男のペニスサイズとか本当にどうだっていいことなんです。
というのは勃起時に親指くらいあれば子宮口まで突けるし、太さもそこそこあればいいそうで安心しましょう!

なおかつ、男性器が細いの方に実践しやすいセックスの仕方といえば様々な理由からバックがお薦めですね。

あとそれからバックという体位は挿入する女性を四つん這いにさせて尻を突き出し男が尻を両手で持ってちんぽをまんこに挿入する体位で、バックで挿入すれば小さいペニスであってもチンポを女性器にズップリ深く挿入することが出来る性交体位なのです。!

バックの大まかな感じは下記の写真をご覧もらえればと思います。
看護師のアナルを鑑賞しながらバックでチンポを挿入している画像

そのうえ短小であることに抱いた女を感じさせる自信を失っているなら、セックスをするにおいてクンニなどの前戯のテクニックを極めて前戯だけでもイカせられるくらいに努力をしましょう。

小さなアドバイスをするなら、短小ちんぽであることを気にせず人差し指でGスポットをしながら尿道口からクリトリスにかけて丁寧に刺激してみてください。
クンニしながら吸引したりと舐め方を色々と切り替えてみたりクリトリスを舐める強さやスピードを加減しながら、パートナーにとってどんな感じのクンニリングスが感じるのかをじっくり見定めていい反応を示したクンニの仕方で繰り返し時間をかけて舐めてあげるのが舌でクリイキさせる秘訣となる。

このワザで実践するポイントというのが丁寧にあきらめずにその性感帯を中心にして責めていってみると成功率が高くなります。

必ず知識として知っておいてほしい事ですが男性器が細いオトコの場合でも、男が射精してスッキリするための性欲発散することが目的の性交はやめて、相手をしっかりイカセてやり心はもちろん身体の両方から幸せにしてやれる性行為こそが目指すべきものなのです!

当たり前のことながら女をイかせるテクニックを身に付けるのも重要だが、息がひどい臭いだったり体臭がキツイとどんなに正しいセックスのコツをマスターしていてもセックスをする前から女性にNGをだされることもあるからニオイ対策を普段の生活から心がけるようにしましょうね!

どうしても粗チンであることへの悩みが消えず、男性器を成長させる方法を知りたいのであれば以下の動画教材で紹介されるクンニの方法が現在では上位に入るやり方ですので興味のある方は身につけてください。
手術なしで短小を治す方法