当サイトをご覧頂いている方なら誰もが皆自分のペニスでセックス相手を失禁するほどイかせまくって、幸せに満ちた肉体交渉をしてみたいと思っていらっしゃるでしょう…!
だけれどその前に、SEXをするにおける気をつけるべきポイントとNGな行いを教えることにします。

ラブホで撮ったエロ画像

性交をするにおいて気をつけて頂きたいのが、セックスの最中にやってはマズイNG行為は指マンで膣内をする時にイかせるために激しく女性器の中をいじくりまわすと女性器を傷めセックスどころでなくなってしまうから、本当にやらないでください☆
ねっとりとしっかり膣内を刺激されることが女性にとっては激しいのよりも好きなのだとか…!

処女でも本気で昇天させるセックステクニックを我が物にしても、相手によって気持よくない場合もあり、パートナーの反応をしっかりと読み取り責め方を変化させその状況や女性によってあなたが身につけているセックステクニックを武器を選ぶように変えていく必要があります。
当然ながら最初から激しいピストン運動をすると膣壁がまだ慣れていないから、最初はゆっくりと動かすように気をつけてください。

アナルプレイをするときには、チンポの長さや肛門の大きさによってどんなに肛門をゆるめてもペニスが入らないという場合もありますので、そのときは潔く中止するのもパートナーへの気遣いなのだ。

あと、潮吹きについても、どうしても潮を噴かせられなかった際は男らしく諦めるという判断もセックスにおいて必要なことであります☆

かなり重要なことは、生挿入したい思いは思春期男子ならみんな持っているが、ゴムを付けないでゴム無しセックスをすると女性の方はうっかり中出しされて子供がデキてしまう不安を抱えて本気で性行為に没頭できない状態になりうるので、相手を満足させたいのであれば愛する形の意味でも欲望を我慢してゴムをしてセックスに挑むようにしましょうね…!

男が気持ちいい時間を過ごせるだけの性欲発散することが目的の性行為じゃなく、パートナーをしっかりオーガズムを感じさせてやり心はもちろん身体の底から満たしてやれるセックスこそが手本にべきセックスなのです。

セックスするにおいて注意すべきポイントと女性に嫌われちゃうことを理解し、その上でセックステクニックをマスターするとたとえ包茎であっても、必ずセックス相手を乱れさせイかせるテクニシャンへと成長できますので是非とも最後まであきらめないでください。