挿入前にする前戯の流れを説明すると、ディープキス→おっぱいの愛撫→手マン・指マン→クンニ→フェラチオという流れが順番が一般的で、愛情を込めて前戯に時間をかけて興奮させることで最終的なセックスの満足度が格段に差がでてきちゃいます!
今回は、数々の前戯テクニックの中でも比較的難しいと言われるクンニリングスと指マンのテクニックを教えさせていただきます。

抱いた女を何度も逝かせまくる前戯の技術を知ることでたとえ貴方が短小包茎であっても、絶対に女を悦ばせイかせるテクニシャンへと進化しますので是非とも最後まであきらめないでください。

女が惚れてしまうクンニの正しい手順


挿入する前にこのクンニリングスをして昇天させるポイントを伝授すると、手マンをしながら尿道口からクリトリスにかけて円を描くようにゆっくり舐めてやりましょう!

クンニしている途中で吸い付いたりと舐め方を色々と切り替えてみたりクリトリスを舐める圧力やペースを加減しながら、相手がどんな感じのクンニリングスがお好みなのかをじっくり観察して、感じているような反応を示したクンニのやり方で何度も根気よくやってあげるのが舌でクリイキさせるポイントである。

とは言うもののどんなクンニのやり方をしても女性がクリイキするまでそれなりに時間を要するのであなたの我慢強さも欠かせない要素になる。

これは管理人が積んできた女性経験で分かったものだけれど、上記のやり方を実践する場合は女性の反応を確認しながら試すようにしてください。

ついでに言うと、クンニが上手だとさらに快感を求めるようになり、風俗を利用した際に風俗嬢と本番することができる確率が上がるだそうでございます★

クンニリングスの大まかなイメージについては以下の写真を観て下さい!
学校の先生のマン汁の味を感じるクンニの画像

前戯で悦ばせる手マンのテク


手マンというのは指や手をおまんこの中に入れて愛撫するテクニックの中の基本的なものの1つでございまする。。

指マンの大まかなイメージについては以下の写真を観て下さい!
指を2本以上膣内に深く挿入し胎内を激しい手マンでかき混ぜられる人妻の画像

前戯で悦ばせる手マンのテクというのは指を入れる前に乳首を責めたりパンツの上から女性器に触れたりして前戯に時間をかけ性感を上昇させ、しっかり膣分泌液を出してみよう。
エッチの経験が少ない人でもそのテクニックを上手にやるポイントというのが時間をかけて何度もその箇所を責めてやることで成功率が格段に上がります・・・。
しっかり濡れてきたタイミングで指を一本だけ25~35ミリくらいまで侵入させ、指を挿入し始めたばかりはゆっくりとおまんこの中で円を描くように指で掻き回し、3分ほど経過して膣壁を慣らすことができたら膣口から2~5センチの膣前壁にあるGスポットという性感帯を中心に指先で押すように刺激しさらに膣分泌液の量が多くなってきたりしたら挿れている指の数を2本3本と増やしたり、愛撫するスピードを上げたりしてより気持よくさせてほしい。
女性がもうすぐイキそうなサインを出したらスピードを緩めずイクまで手マンを頑張ってあげてください。

これを行う前に意識しておいてほしいことだが、濡れていないのに指を入れたりはじめから何本も指をねじ込んだり、膣内が慣れていない時から激しく手マンすると痛がったり出血させる恐れがあるので気をつけましょう。

例え貴方が粗チンでも前戯の技術をものにできたなら女性をイクイクと言わせながらイかせまくってやれるので、気持ちいいエッチをしてパートナーから愛されるように様々な知識を取り入れて鍛錬をわすれないでくださいね。